労働問題全般について

※受任後に訴訟を提起するか、示談交渉を行うか等、案件の処理方針については受任弁譲土との協議により決定します。

労働

現在の請求額

0

参加人数

0

今すぐ参加

応援する

1人がこのグループを応援中です

各種ハラスメントや労使間問題などについて

終身雇用・年功序列が基本で、「空気を読む」「和を重んじる」と言われた従来の日本の企業風土も、近年は大きく変貌を遂げています。
労使間が法廷で争うことも増えており、労働者にも企業にも、労働三法をはじめとした各種法令のリテラシーが必要となっています。

補足増える労使間での法廷闘争

パワハラ・セクハラ・マタハラなどの、職場内での個人同士の関係性に関わるもの。
異動・出向・転勤、或いは懲戒などの、会社としての人事や処分に関わるもの。
有給休暇取得・残業(残業代未払いや長時間労働)などの、労働条件に関わるもの。
社内での様々な処遇に関するトラブルが訴訟の材料となっており、退社する際にも弁護士による退職代行が用いられることも増えています。

コメントする
*
※必須項目です
*
※必須項目です

※注意事項

  1. 個人を特定できる情報を含む投稿はしないでください。
  2. 外部への誘導目的とするメールアドレス、URL を含む投稿はしないでください。
  3. 投稿内容に関しては、個人の意見であり事実に反する場合があります。

利用規約に同意の上投稿して下さい。

全てのコメント